日本―韓国 第1セット、スパイクを決める長岡=リオデジャネイロ(共同)

 女子の1次リーグが始まり、ロンドン五輪の銅に続く2大会連続のメダルを狙うA組の日本は開幕戦で韓国に1-3で逆転負けした。8日の第2戦はカメルーンと戦う。第1セットの日本は木村(東レ)らの攻撃が好調で25-19と先取。第2セット以降はサーブレシーブが乱れ、立ち直った韓国の攻撃にも対応できなくなって15-25、17-25、21-25と圧倒された。

 1次リーグは12チームがA、Bの2組に分かれて争い、両組の4位までが準々決勝に進む。

 ▽女子1次リーグA組

韓国(3)/3/19-25 25-15 25-17 25-21/1/日本(0)

■コメント
 長岡(久光製薬、五輪初出場)
 点数自体は取れていたが、勝ちにつなげられるタイミングで点数を確実に取りたい。目標もやるべきことも変わらない。次の戦いに向けて準備するだけ。

(共同)
このエントリーをはてなブックマークに追加