「お七」を熱唱する池田美代子さん=佐賀市のエスプラッツホール

 佐賀新聞文化センター(佐賀市)が開くカラオケ教室の年に1度の発表会が、同市のエスプラッツホールで開かれた。華やかな衣装に身を包んだ受講生が、自慢ののどを披露した。

 4教室で学ぶ109人がステージに立った。赤い和服姿でマイクを握った佐賀市の池田美代子さん(72)は、島津亜矢の「お七」を熱唱。長いせりふもよどみなくまとめ、「初出場で緊張したが、うまく歌えた」と笑顔を見せた。カラオケ歴は20年以上で、「歌うことで気持ちが若返る。カラオケが健康の秘けつ」と話した。

 カラオケ教室に関する問い合わせは同センター、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加