市長選での公約を説明する現職の江里口秀次氏=小城市役所

 3月19日告示、26日投開票される小城市長選で、4選を目指す現職の江里口秀次氏(64)=小城町、3期=は17日、市役所で記者会見を開き政策を発表した。牛津町中心街の活性化事業推進や温浴設備を備える牛津保健福祉センター「アイル」を活用したまちづくりを挙げ、「4期目は牛津を中心にした施策を推し進める」と述べた。

 長年「塩漬け」状態が続いている、小城町畑田の運動公園元計画地の対策も公約に掲げた。「計画地の整備を進めるとばく大な費用がかかり、財政がもたない」とし、「早急に市役所内にプロジェクトチームをつくり、官民一体型の活用策を探りたい」と語った。

 好調が続くふるさと納税の寄付を財源に、市内全小中学校に冷暖房設備を導入し、全防犯灯を3年以内にLED(発光ダイオード)に切り替える政策も示した。

 無所属で出馬するが、自民、民進、公明、社民各党に推薦願を出す考えも述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加