夏休み期間中に合わせた「親子防災体験教室」が2日、佐賀市のアバンセで開かれた。自宅が揺れた時の危険な箇所を考えたり、特殊なビニール袋を使って米を炊いたりして防災意識を高めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加