前夜祭でジャズを演奏するユニット=佐賀市松原のライブハウスRAG-G

 「佐賀城下JAZZFESTIVAL(ジャズフェスティバル)」が17日夜、佐賀市の中心市街地で始まった。県内外のアーティストが集まり、心地よい音色を街なかに響かせた。18日まで。

 ライブハウスRAG-Gで前夜祭があり、佐賀市出身のトランペット奏者、佛坂咲千生さんが率いるユニットなど3組が出演した。若者から年配の人まで幅広い世代のファンが、迫力ある音色や独特のリズムに魅了された。

 ジャズを通じて街のにぎわいを創出しようと初めて企画され、2日間で78組230人が出演する。18日は第1部のスペシャルゲストコンサートがエスプラッツで開かれ、第2部は市街地の飲食店を中心に23会場で演奏が繰り広げられる。

 チケットや出演アーティストなど詳細はフェスティバルのウェブサイトで紹介している。

このエントリーをはてなブックマークに追加