■4県東京でフォーラム

 2018年の明治維新150年に向けた「薩長土肥フォーラム」が10月7日、東京で開かれる。佐賀県の山口祥義知事ら鹿児島、山口、高知の4県の知事が、近代化に貢献した各県の出身者の業績などを語り合い、共同宣言もする。東京にある4県ゆかりの地を巡るウオークラリーも10月22日に開催される。

 明治維新にゆかりがある4県で本年度、フォーラムの実行委員会を立ち上げた。入場無料で、会場は東京ビッグサイト国際会議場。基調講演は歴史家・作家の加来耕三さんが「明治維新と薩長土肥の関わり」と題して話す。全国都道府県のオーディションで選出されたアイドルグループAKB48チーム8の4県代表も参加する。

 ウオークラリーは4県で展開している広域観光プロジェクト「平成の薩長土肥連合」の一環。参加費千円で、佐賀市出身の大隈重信が創設した早稲田大学や唐津市出身の辰野金吾が設計した東京駅などを訪れる。

 それぞれ申し込みが必要で、問い合わせはフォーラム(9月22日締め切り)が電話03(5408)1016、ウオークラリー(同30日締め切り)が電話03(6265)6814へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加