それは後々まで心に残る光景である。膝を折り、時には手をとって優しいまなざしで相対される。社会的に弱い立場にある人に心を寄せられる天皇、皇后両陛下の地方訪問では必ず福祉施設の視察が日程に組まれ、入所者を励まし、職員の労をねぎらわれる◆天皇に即位し最初に佐賀を視察された1992年5月、お二人は多久市の老人保健施設を訪ね、お年寄り一人一人に温かく声をかけられた。入所者が風船ゲームを披露すると、飛んできた風船を皇后さまがポンと返されるハプニングもあり、会場に和やかな笑いが広がった◆天皇陛下は国民との距離を縮め、触れ合いを使命とされた方である。こうした公務を減らしてまで今の地位にとどまるつもりはないとの、お心が伝わってきた。テレビを通じ国民にお気持ちを発せられた陛下である◆人はだれしも加齢による変化に抗うことはできない。自らの老いによる衰えに触れながら、「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが難しくなるのではないかと案じています」と生前退位の実現に強い思いを示された。象徴としての制約の多い難しいお立場ゆえに、熟慮を重ねられたようだ◆今後、陛下の意思をおもんぱかった形での議論が進むだろう。皇太子さま、そして次代に無事につながり、陛下が安堵(あんど)なさることを第一にと思う。(章)

このエントリーをはてなブックマークに追加