木の実などを材料にアクセサリー作りを楽しむ子どもたち

■木のぬくもり感じる

 NPO法人みんなの森プロジェクトから講師を招き、丸太のアクセサリー作りに挑戦しました。

 樹齢50年の丸太を使い、木の年齢が年輪で分かることや、年輪は季節がないと出来ないことを学びました。その後、3人1組になって丸太を切りましたが、思うようにのこぎりを使えません。「少し手伝うから自分で切るんだよ。頑張って」と励まされ、時間はかかりましたが、みんな切ることができました。

 飾り付けには、たくさんの種類の木の実や小枝を使います。初めて見る珍しい実もあり、「どれを飾ろう」と楽しみながら選び、自由に飾り付けたら完成です。ちょっとした発想と工夫で、すてきな丸太のアクセサリーに変身しました。自然に触れ、木のぬくもりを感じた時間でした。

(コーディネーター・重松陽子)

このエントリーをはてなブックマークに追加