初めて県内一周駅伝大会のスターターを務めた松田一也基山町長=基山町役場前

 初日出発地点の基山町役場前では、昨年2月に就任した松田一也町長が初のスターターを務めた。

 松田町長は、佐賀陸上競技協会副会長などを務め、大会運営に長年尽力した故田中常夫さん(同町)愛用の深紅のブレザーを着用。小森純一前町長から受け継いだもので「このブレザーも次世代へのタスキとして大事につないでいきたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加