■鹿島

 藤家 真琴(ふじいえ・まこと)硬式テニス部主将。チーム一丸で挑んだ最後の総体が心に残る。「スポーツ関連を学び、地元でテニスを教えたい」と国立大文系を志望する。鹿島市重ノ木。

 平方 壱生希(ひらかた・いぶき)野球に明け暮れ、頼れる強打者として3年時の県大会ではサイクル安打を放った。私立大文系を志望。「人の印象に残る長打が打てる選手になる」。太良町。

 楠久 美香子(くすく・みかこ)陸上部で仲間と励まし合い、最後の総体は全国出場を勝ち取った。「人の支えと努力の大切さを教えられる体育教師」を目指し、東京学芸大に進む。嬉野市塩田町。

 前田 瑠実斗(まえだ・るみと)空手道の形を追求し、勉強と両立させた。3年時はインターハイ出場を果たし「続けてよかった。先生にお疲れさまと言われ、じんときた」。公立大理系志望。太良町。

 野口 紗代(のぐち・さよ)1年生の秋から勉強に力を入れ、文系トップの成績を維持した。国立大文系を志望し「広い視野を身に付け、佐賀を活性化させる仕事に就きたい」。嬉野市塩田町。

 峰松 優太(みねまつ・ゆうた)バスケ部主将を務め「大変な時もあったけど、みんなとバスケができてよかった」。赤門祭を盛り立てた生徒会活動も思い出。国立大理系を志望。鹿島市常広。

 原田 也美(はらだ・なりみ)書道部長で成績優秀。最後の揮毫(きごう)大会は「積み上げたものが表現できた」。病気の治療に貢献できる製薬会社に入るため、国立大理系を志望する。鹿島市音成。

■鹿島実

 岡 夢香(おか・ゆめか)責任感が強く、ボランティアや海外研修にも積極的に参加。西九州大健康栄養学科に進み「高齢者施設で活躍できる管理栄養士になりたい」。鹿島市浜町。(食品調理科)

 山口 諒(やまぐち・りょう)調理の技術を発揮した高校生レストランが思い出。春から勤めるホテルニューオータニ佐賀で「何度も来てもらえる料理を作りたい」。嬉野市塩田町。(食品調理科)

 辻 亜美咲(つじ・あみさ)弓道に打ち込み「礼儀作法など日頃の生活からしっかりできた」。九州総体の団体戦で1番手を担い、3位入賞に貢献した。東亜工機に就職。嬉野市塩田町。(商業科)

 村井 珠蘭(むらい・じゅらん)空手道の形で一度もかなわなかった相手に最後の大会で勝ち、優勝。「家族や友人、先生の喜ぶ顔が忘れられない」。酉島製作所に就職。太良町。(情報処理科)

 山口 航平(やまぐち・こうへい)野球部主将。「みんなと甲子園に」と食事を見直して体づくりに励み、最後の大会でタイムリーを放った。トヨタ自動車に就職。嬉野市塩田町。(情報処理科)

 吉岡 海玲(よしおか・みれい)トップクラスの成績を維持。都大路を経験した陸上では故障に悩んだが、「この仲間だから乗り越えられた」。春から佐賀銀行に勤める。白石町。(情報処理科)

 鶴田 紘子(つるだ・ひろこ)陸上に打ち込み、都大路や都道府県対抗駅伝を経験。日本体育大体育学科に進み「体育教師になってスポーツの楽しさを伝えたい」。鹿島市三河内。(商業科)

このエントリーをはてなブックマークに追加