奈良県からの初出場で、女子3回戦に進出した郡山の選手たち=県総合体育館

 奈良県から女子の部に初参戦した郡山は、開新(熊本)と2回戦で激突。代表者戦にもつれ込む接戦となったが、主将の西浦そらが鮮やかにメンを決め、“初陣”を飾った。

 剣道王国・九州の強さを肌で感じたいと、大会前には三養基との合同練習にも参加した。西浦は「九州勢はレベルが高く攻めが速い。少しでも油断したら決められる」と話す。

 3回戦の相手は強豪・福翔(福岡)。西浦は「油断せず、気を引き締めて臨みたい」と次戦を見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加