総勢4チーム20人で大会に臨んだ黒津少剣の選手たち=県総合体育館

 黒津少剣(神埼市)は今大会出場チームの中で最多の20人が参加、4チームで戦った。培った一体感で上位を目指したが、かなわなかった。

 実力者がそろうAチームは5回戦で楠風道場A(佐賀市)と接戦になった。エースの川内夢翔が後輩の声援を受け代表者戦に挑んだが惜敗した。

 幼稚園の年長から小学6年生まで24人で稽古をしている。野中浩樹監督は「きょうだいのように仲が良いが、週4回の基礎練習中心の稽古には緊張感がある」と話す。

 団結力を武器に6月の県大会で優勝、玉竜旗で準優勝するなど勢いはある。野中監督は「敗戦にめげず、みんなで再び稽古に打ち込みたい」と前を向いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加