愛知県から参加した安城篠目振風会の選手たち=県総合体育館

 小学生大会に最も遠くから参加した安城篠目振風会(愛知県)は、3回戦で佐賀修道館A(白石町)と対戦。代表者戦の末に惜しくも敗れた。

 中堅の北河ひなたは、得意のメンで2本勝ちし後につないだ。代表者戦では一瞬の隙を突かれてコテを奪われたが、「大事な場面で気持ち負けせず、向かっていけるようになりたい」と新たな目標を見つけた。

 大会に初参加した4年前は修道館に勝利しており、これで1勝1敗。白石町出身の中村秀樹監督は「子どもたちには、九州のレベルの高さを肌で感じてほしい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加