2回戦・基山ジャガーズ-多良少年 3回表、1死二、三塁のチャンスで走者一掃の本塁打を放った5番の佐藤光希(右)=佐賀ブルースタジアム

基山ジャガーズ(基山町)

      1041010─7

      0004000─4

多良少年(太良町)

(基)飛松-西原

(多)持永、本多-山下

▽本塁打 佐藤、桑野(基)本多(多)

▽三塁打 桑野、藤田(基)坂口(多)

 基山ジャガーズが7-4で多良少年の猛攻を振り切った。基山は初回から1番桑野の三塁打で流れをつかんだ。中盤にも佐藤や桑野の本塁打で得点を重ね、相手を突き放した。

 多良は五回、本多の本塁打などで2点差に迫ったが、基山の飛松を打ち崩せなかった。

■打線つながり優位に

 序盤から打線がつながり、優位に試合を進めた基山ジャガーズが、多良少年の猛攻を退け7-4で勝利した。

 基山は初回、ムードメーカーの1番桑野翔吾が口火を切る三塁打で流れをつくり先制。三回表1死二、三塁で佐藤光希が走者一掃の本塁打を放ち、相手を突き放した。

 6点差の五回裏、多良の本多翔大の本塁打などで2点差に。流れが傾きかけたかに見えたが、マウンド上のエース飛松航平がここで奮起。その後は試合終了まで1人も走者を出さずリードを守り抜いた。

 「攻撃で流れをつくるうちのパターンがしっかり出せた。よく打線がつながっていた」と藤田実監督。本塁打1本を含む3安打と打撃で貢献した桑野は「次の試合(鹿島少年)はエースがすごい投球をする。負けないよう強い気持ちで打席に入りたい」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加