2回戦・東与賀少年-牛津少年 5回表、3番芦原の適時打で西久保汐が生還=佐賀ブルースタジアム

東与賀少年(佐賀市)

      0020100─3

      0000000─0

牛津少年(小城市)

(東)小川-江口

(牛)下川優-野田竜

▽三塁打 芦原(東)

 東与賀少年が3-0で牛津少年を制した。三回表、東与賀の3番芦原が三塁打を放ち2点。五回にも適時打を放ち、1点を加えた。主戦・小川は安定した投球で相手打線をねじ伏せた。

 牛津は六回、無死二、三塁の好機を生かせなかった。

■全員の気持ち入っていた

 東与賀少年が3-0で牛津少年に完封勝利。山田秀人監督は「全員の気持ちがしっかり入っていた。日ごろ以上の力を出せた」と選手の頑張りをたたえた。

 東与賀は三回表、今大会まで打線が振るわなかった3番の芦原勝太が気を吐く。「これまでと目つきが違っていた」と山田監督。1死一、二塁の場面で、芦原が放った鋭い打球は右翼手を越える三塁打。2人が生還した。芦原は「3番打者としてホームにかえしたかった。打撃練習の成果が出せた」と意地を見せた。

 六回裏には無死二、三塁のピンチを迎えたが、エースの小川佑太が「絶対おさえて勝つ」と奮起した。後続を断ち、ホームを許さなかった。小川は次戦に向け、「次も勝って優勝する」と闘志を燃やした。

このエントリーをはてなブックマークに追加