Q.交通事故で肩を骨折しリハビリを続けていますが、(1)相手方の保険会社から「治療を打ち切る」と言われましたが、応ずるしかないのでしょうか? (2)また、痛みが残る場合はどのような補償を受けられるのでしょうか?

◇   ◇   ◇

A.(1)交通事故の治療は、一般に保険会社が治療費を立て替えて行われます。そのため、治療の期間も保険会社の指示に従うべきと誤解されることがありますが、いつまで治療できるかは、「治療を継続すれば良くなるか」「治療しても現状維持にとどまるか(この状態を『症状固定』と呼び、通常治療終了となります)」により決められます。

 症状固定に至ったかは、保険会社ではなく主治医(医師)が判断しますので、主治医が治療を必要と判断した場合は、治療費の立て替え払いは受けられませんが、健康保険を利用して治療を継続できます(自己負担した治療費を後日請求することは可能です)。

 (2)治療しても痛み・関節が動かないなどの症状が残る場合、これを「後遺障害」と呼び、その症状に応じて「後遺障害の等級」を決め、等級に応じた賠償がなされます。

 後遺障害がある場合、相手方との示談の前に、自賠責保険から被害者保険金が支払われる制度(被害者請求)があります。示談までに時間がかかる場合でも、被害者請求を利用すれば、一定の補償を受けてから、慎重に相手方と交渉できます。

 早期に弁護士に相談することで、適切な治療を受けたり、被害者請求の手続きを迅速に行うことができます。また、後遺障害があるかを確認するには、法律上の検討および医学的な見地からの検討が必要ですので、この段階では弁護士に相談した方が良いでしょう。

 自動車保険に弁護士費用特約が付いている場合や、弁護士会の無料相談を利用すれば無料で相談を受けられますので、不安を感じたらお早めにご相談ください。(弁護士 青山隆徳・佐賀市)

佐賀県弁護士会・電話無料法律相談 電話0952(24)3411

毎週火曜17時半~19時半、土曜13~15時半

=なるほど!さが法律相談=

このエントリーをはてなブックマークに追加