政府は8日、経済財政諮問会議を開き、年末に向けて重点的に取り組むべき課題を議論した。民間議員は配偶者控除と配偶者手当の見直しを挙げ、年内に道筋を明らかにするよう政府に求めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加