除草と雑木の伐採を共同で作業する地元住民と九電関係者=伊万里市山代町

 伊万里市山代町で、九州電力社員が地域住民と共同で除草や雑木の伐採作業を行った。斜面で作業しづらい場所に高所作業車が出動し、住民らは「きれいになって助かった」と感謝した。

 市営立岩団地裏の急傾斜地に草木が生い茂り、電柱の架線にもかずらがあったため、地元役員らが九電に除草の相談をしたところ、同社の社会貢献事業「こらぼらQでん」の取り組みとして共同で作業することになった。

 当日はあいにくの雨。危険箇所も高所作業車で安全に作業を進め、2時間半で作業を終えた。地区住民は「高齢化もあって危険箇所の作業は地元だけでは難しい。作業を手伝ってもらい非常に助かった」と喜んでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加