エフコープ生活協同組合(福岡県篠栗町)は17日、4月1日から正職員やパート職員、介護事業専門職員計約2千人の定年を65歳から70歳に引き上げると明らかにした。正職員も含めて定年を70歳に延長するのは、全国の生協で初めてという。

 エフコープは福岡県を事業エリアとし、1月末時点で約48万人の組合員数を誇る九州最大の生活協同組合。昨年10月には、同じ仕事であればパートや正職員といった雇用形態にかかわらず賃金の時間単価をそろえる「同一労働同一賃金」の賃金制度も導入した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加