■鹿島沿岸アゲマキ増加 寛蓮が囲碁殿堂入り  有明海の干潟に生息し、1990年代前半から不漁続きで姿を消していた二枚貝のアゲマキが、鹿島市沿岸で増えている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加