GUNkondo

pepe伊藤

村上ポンタ秀一

 【きょうの催し】

 鹿島錦保存会設立50周年記念 鹿島錦展(10月22日まで、鹿島市古枝の祐徳博物館)◆第23回佐賀新聞金婚さん表彰(多久・小城市=小城市三日月の生涯学習センタードゥイング三日月、武雄市=武雄市北方町の北方公民館)

 【巡回車】

 9日

 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時半=江北町保健センター

 ◆子宮がん検診 8時=基山町保健センター(予約制)▽8時半=江北町保健センター▽9時=鳥栖市保健センター(予約制)

 ◆乳がん検診 8時=基山町保健センター(予約制)

 ◆献血車 9~13時=鹿島市・鹿島消防署

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 【告知板】

 ◆外国人無料相談会

 (16日13~16時、佐賀市白山の佐賀商工ビル1階・県国際交流プラザ)外国人の在留資格や結婚、離婚、就職や雇用に関する相談に行政書士が無料で応じる。通訳が必要な人は事前申し込みを。問い合わせはくらしサポートさがの松枝さん、電話090(3328)2123。

 ◆子どもの心を育む親子のつどい

 (30日~10月1日、唐津市鎮西町の県波戸岬少年自然の家)幼児、小中学生とその保護者を対象にした1泊2日の体験プログラム。子どもたちだけでおやつ作りに挑戦したり、親子でクラフト作りを楽しんだりしながら子育てを考え、子どもの自立心を育む。大分県佐伯市で食育に取り組む市職員・柴田真佑さんの講演もある。

 定員は20家族80人程度。先着順で、申し込みは17日まで。参加費は大人2200円、高校・大学生2000円、小中学生1900円、3歳~小学生未満1800円、3歳未満100円。必要事項を記入し、郵送、ファクス、メールで県波戸岬少年自然の家に申し込む。問い合わせは電話0955(82)5507。

 ◆法律相談センター電話相談

 県弁護士会所属の弁護士が電話相談を受け付ける。▽ナイター相談=毎週火曜17時半~19時半▽クイック相談=毎週土曜13~15時半、問い合わせは県弁護士会、電話0952(24)3411(平日9時~正午、13~17時)。

 ◆絆ネット無料相談電話

 絆ネット(生活総合支援ネットワーク佐賀)が、生活上の困難を抱えた人たちを対象に生活保護、借金の返済などの電話相談を受け付ける。▽佐賀市・生活総合支援ネットワーク佐賀=毎月第2火曜18~20時、電話0952(22)6284。

 ◆女性のための相談窓口

 女性相談員による総合相談=電話相談は火~土曜9~21時・日・祝日9~16時半(毎週月曜は休館日)、面接相談は要予約▽女性弁護士による法律相談=毎月第1土・第3木曜13~16時▽女性臨床心理士によるこころの相談=第3土曜14~16時。場所は佐賀市天神の県立男女共同参画センター(アバンセ)。相談は無料。法律相談とこころの相談は事前に電話相談が必要。相談専用ダイヤル=0952(26)0018。

 【イベント】

 ◆ポプカル頂上決戦2017 第2戦

 (9日、佐賀市のモラージュ佐賀北館1階モラージュプラザ)

 山代ガスのヒーロー「ヤマシロン」と、福岡市のイベント会社・悪の秘密結社の「ヤバイ仮面」、佐賀のご当地アイドル「ピンキースカイ」、福岡で活動する「印象プリンセス」によるコラボショー。正午、15時から2回開く。いずれも観覧無料。問い合わせは山代ガス、電話0952(25)1273。

 ◆有明木綿リース作り体験

 (17日、佐賀市のイオンスーパーセンター佐賀店正面玄関横休憩所)畑で綿を収穫し、アジサイや千日紅をあしらった綿花のリースを作る。有明木綿の村上ふみ子さんが指導。参加費1500円。10時、14時に開き、定員は各10人。枝切りはさみと完成品を入れる箱(20センチ四方)を持参。問い合わせは村上さん、電話090(7380)2180。

 【LIVE】

 ◆さぎん579thウェンズデイコンサート

 (13日正午、佐賀市唐人の佐賀銀行本店東側ロビー)2016年に県芸術文化奨励賞を受賞したピアニスト増井ゆかりさんと、同年に佐賀銀行文化財団新人賞を受賞したマリンバ奏者池田祐子さんが共演。「ハナミズキ」など6曲。電話0952(25)1620。

 ◆TRIO de TOUR

 (14日19時半、佐賀市呉服元町のRockRide)パワフルでソウルフルな歌声のGUNkondoが、ギターpepe伊藤、ドラマー村上ポンタ秀一と共演。前売り4000円、大学生以下3000円(当日は各500円高、別途ワンドリンクオーダー)。問い合わせはRockRide、電話0952(26)2687。

 ◆西田麻美・ぱくよんせ・稲屋浩ライブ

 (14日20時、佐賀市大財のシネマテーク)久留米市出身のボーカル西田麻美、東京を拠点に活動するピアノ奏者・ぱくよんせ、関西を中心に活躍するサックス奏者・稲屋浩のトリオライブ。前売り・予約3500円(当日500円高、別途ワンドリンクオーダー)、学生2500円。電話0952(28)6708。

 【展覧会】

 ◆第16回伊万里・有田焼伝統工芸士展 (9~18日、有田町の県立九州陶磁文化館)「お茶の器~一服~」をテーマに、伝統工芸士たちの技が光る作品を展示。土日・祝日はろくろや下絵付、上絵付の制作実演や、作品を使ってのお茶のおもてなしも行う。問い合わせは県陶磁器工業協同組合内事務局、電話0955(42)3164。

 ◆つつえ窯作陶展

 (12~17日、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)武雄市の陶芸家夫婦の作品展。夫の御厨久仁年(くにとし)さんは唐津焼の抹茶わんやぐい飲み、灰かぶりの花器、食器など。妻・洵乎(じゅんこ)さんは釉裏紅(ゆうりこう)を中心に半磁器の花瓶など。各約80点。電話0952(24)5556。

 ◆特別展「1867年パリ万博と佐賀藩の挑戦」

 (15日~11月12日、佐賀市城内の県立佐賀城本丸歴史館)日本が初めて正式出展した「第2回パリ万国博覧会」から今年で150年。幕府、薩摩藩と共に参加した佐賀藩の参加の意義を発信する。パリ・セーブル国立陶磁美術館に保管されていた佐賀藩出品陶磁器の初めての里帰り出品も実現する。電話0952(41)7550。

このエントリーをはてなブックマークに追加