麺200袋を贈った佐嘉の絲の吉原成子社長と大和中学校の林正昭校長=佐賀市大和町の大和中学校

 佐賀市の麺製造・販売会社「佐嘉(さが)の絲(いと)」(吉原成子(よしはらせいこ)社長)は6日、第47回全国中学校体育大会剣道競技で優勝した同市の大和中女子剣道部を祝おうと、“メン”にちなんで麺200袋を贈呈した。

 贈呈式は大和中学校で行われ、吉原社長は同校の林正昭(はやしまさあき)校長に自社の「海苔うどん」を贈った。

 同社は大和中のグラウンドそばにあり、登下校する生徒たちの様子が目に入るという。吉原社長は「近所のおばさんのように子どもたちに親しみを感じていた。新聞で優勝を知り、お祝いしたいと思った。麺でメンを、ノリでノリノリになって来年も優勝を狙ってほしい」と激励した。

 林校長は「社長の思いを生徒に届け、今後も学校行事などを通してご縁を大事にしたい」と感謝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加