優秀勤労障害者の表彰を受けた大宅和徳さん(前列中央)ら=佐賀県庁

 障害者雇用に積極的な3事業所と優秀勤労障害者2人の表彰式が6日、佐賀市の県庁であった。老人ホーム運営の弘正(鳥栖市)やJAさがの大宅和徳さん(41)=武雄市=などが表彰を受けた。

 優良事業所として県知事表彰を受けた弘正は全従業員約150人のうち障害者を10人雇用している。障害者の個性や能力を最大限生かす勤務体制を組み、矢ケ部博施設長は「(障害のある職員は)明るい人間性で高齢の入居者にも人気がある。これからも積極的な雇用を続けたい」と語る。

 優秀勤労障害者の知事表彰を受けた大宅さんは先天性の障害で左腕がない。1994年に杵島商高を卒業してJAさがに入社、広報誌作成やガソリンスタンドの事務などで活躍してきた。大宅さんは「これまで支えてくれた仲間たちのおかげ。障害者が生き生きと輝く社会の手本になれれば光栄だ」と笑顔で話した。

 表彰式は9月の「障害者雇用支援月間」に合わせて開催された。

 その他の表彰は次の通り(敬称略)。

 【高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長努力賞】障害者雇用優良事業所 九州ダイエットクック(佐賀市)社会福祉法人済昭園(嬉野市)▽優秀勤労障害者 芦田誠(久光製薬)

このエントリーをはてなブックマークに追加