就任後初めて宮城県を訪れ、村井嘉浩知事(左)と会談した今村復興相=8日午後、宮城県庁

 今村雅弘復興相は8日、就任後初めて宮城県を訪れ、村井嘉浩知事と県庁で会談し、東日本大震災の復興加速に向け、東北の観光振興に尽力する考えを示した。「東北の持つ自然や歴史、文化をもう一度掘り起こしたい」と語った。

 村井知事は会談で、国が4月に創設した東北観光復興対策交付金に関し「東北や被災地が観光で潤うよう支援を継続してほしい」と要望。今村氏は「観光は是非、力を入れなければならない」と応じた。今村氏はこの後、石巻市の土地区画整理事業や災害公営住宅を視察。記者団に「復興にはオールジャパンで取り組む。しっかり仕事をして被災地の皆さんに評価してもらいたい」と話した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加