松井副町長辞任に関して、議員らに説明する武広勇平町長(右)=上峰町役場

 国の地方創生人材支援制度を活用して4月、文科省から三養基郡上峰町に出向し、6月末に出張後、休職状態となっている松井佳奈江副町長(36)が9日付で副町長を辞任した。理由は「一身上の都合」としている。町は本人からの辞職願を8日に受理した。後任や副町長ポストを引き続き設置するかどうかは未定。

 町によると、本人直筆の辞職願には、一身上の都合で副町長職を辞めたいという旨と、給与を返納したいという2点が書かれていたという。

 就任から4カ月余りの辞任について武広勇平町長は「回復後の復帰を待ったが、辞任ということになった。松井氏の健康を第一に考えた結果」と説明した。後任人事は検討中で、国の人材支援制度の活用については、別途、国側に検討を要望しているという。

 同日の町議会全員協議会で執行部が報告した。議員からは「本人と直接連絡が取れないのは問題」「個人情報保護は分かるが、町民への説明も必要」などと求める声も上がった。

 文科省人事課によると、松井氏は8月10日付で再び同省に戻るが、「本人は療養中のため、復帰の時期は未定」と話す。

【関連記事】
上峰町副町長、6月末から登庁せず
上峰町副町長に就任した 松井佳奈江さん
上峰町副町長に松井氏 初の女性
上峰副町長不在1カ月 異例の病欠、復帰見通せず
上峰副町長休職「結論まだ」国が調整中

このエントリーをはてなブックマークに追加