「ゼリエース」などの商品名でおなじみ。今でもスーパーに並ぶロングセラー(フィルムで撮影)

 「いつかゼリーを丼一杯に作って、独り占めしたい」。きょうだいの多い人なら、一度はそう考えたのでは。給食でもめったに出ないデザートだったので、家庭で作れるゼリーはあこがれの的で、宝石のように輝いて見えた。固まる時間が待ちきれず、冷蔵庫を何度も開けてしかられた人も多いはず。

このエントリーをはてなブックマークに追加