■投げ方修正、奏功し13メートル31

 

 陸上女子砲丸投げは、中村真奈美(佐賀北)が13メートル31の県高校新で優勝を飾った。自身が今月初めの県総体でマークした県高校記録をさらに18センチ更新。「ベストが出せたらいいなと思っていたのでよかった」と予想以上の結果を喜んだ。

 4月の記録会で12メートル56を投げて県高校記録(当時)を樹立。ただ、5月の県選手権は12メートル03に終わり、投げ方を修正したところ、飛距離が大幅にアップしているという。

 この日は3投目まで13メートル越えがなかったが、4投目で記録を出した。目標に掲げる全国総体入賞と13メートル50が「これで視野に入ってきた」と中村。夏本番へまた一歩、進化の手応えをつかんだようだった。

 ◇県勢の上位成績

 【男子】200メートル (7)山下龍太郎(鳥栖工)21秒92▽3000メートル障害 (1)森智哉(鳥栖工)9分18秒09(3)西久保遼(同)9分21秒19▽1600メートルリレー (7)早稲田佐賀(山下、林、小泉、橋本)3分18秒86▽円盤投げ (5)内田壮一郎(致遠館)38メートル72▽学校対抗得点 (4)鳥栖工22点

 【女子】200メートル (2)古川砂椰(佐賀北)24秒79(8)内田さくら(同)25秒73▽100メートル障害 (5)今村莉花(鹿島)14秒60▽1600メートルリレー (1)佐賀北(山田笑実、古川砂椰、加茂明華、内田さくら)3分47秒66▽三段跳び (8)田中美空(龍谷)11メートル32▽砲丸投げ (1)中村真奈美(佐賀北)13メートル31=県高校新▽学校対抗得点 (5)佐賀北27点

このエントリーをはてなブックマークに追加