全国選抜大会や国際大会などで上位入賞した佐賀県内の中高生と、校長、監督ら関係者が20日、県庁を訪れ、山口祥義知事に結果を報告した。

 報告に訪れたのは、若鷲旗剣道大会で女子団体優勝と男子団体3位を果たした大和中、全国高校選抜大会の新体操男子団体で準優勝した神埼清明高、全日本カデ柔道体重別選手権で男子60キロ級を制した近藤隼斗選手(佐賀工高)ら約40人。

 選手たちは大会での奮闘ぶりや、今後の目標などを知事に報告。神埼清明高新体操部員は「全国選抜は僅差の2位だった。インターハイでは悔しさをばねに日本一を取る」と誓い、大和中剣道部員たちは「夏の全国大会は佐賀であるので、男女で全国制覇したい」と意気込んだ。

 山口知事は各選手にねぎらいの言葉を掛け、「コーチの指導や支える家族への感謝の気持ちで毎日を過ごし、精進してほしい」とさらなる活躍に期待を寄せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加