ごみを拾う道路ふれあい月間行事連絡会のメンバー=佐賀市松原

 8月の「道路ふれあい月間」に合わせ10日、県内4会場で一斉に清掃活動が行われた。佐賀国道事務所や行政関係者を含む道路ふれあい月間行事連絡会のメンバー約270人が道路の美化に努めた。

 活動は佐賀市、武雄市、鳥栖市、唐津市であった。佐賀市では郵便局前交差点からJR佐賀駅南口まで清掃した。約160人が火ばさみなどを使ってごみや枯れ葉を拾った。

 期間中は正しい利用を呼び掛けるPR活動のほか、道路管理者の許可なく道路に看板を立てるなどの道路不法占用や規格外の特殊車両の取り締まりも行う。10日は「道の日」で、清掃活動を含めたイベントを各地で実施している。

 国土交通省佐賀国道事務所の山田隆則所長は「県内は道路へのポイ捨てが少なくなり、マナーが向上している。安全安心な道路管理に努めるので、県民のみなさんには安全な歩行・走行を守ってほしい」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加