タイムズ24が配備したカーシェアリング用車両。15分単位で24時間利用できる=佐賀市駅前中央

 ■JR佐賀駅前に3台配備

 会員同士で自動車を共同利用するカーシェアリング業界最大手タイムズ24(東京都、西川光一社長)が7日、佐賀市に進出した。他県からの出張者や観光客の利用を見込み、JR佐賀駅近くの同社駐車場と近隣のホテルに計3台を配備。インターネットで予約し、15分単位で利用できる。

 同社は全国の時間貸し駐車場を活用し、事業を拡大してきた。車を配備しているステーションは全国に約9千カ所あり、7月末の会員数は約85万人に上る。

 自動車の世帯普及率の高い佐賀県への進出は全国47番目で、齋藤章タイムズカープラス事業部長は「観光地としての魅力が多い佐賀では公共交通が不十分な地域も多く、商機はある」と語った。

 カーシェアリングは、レンタカーと違い、24時間いつでも利用できる。会員登録後、個々に発行されるICカードで鍵を開ける。

 利用料金は15分で206円。個人利用の場合は月額の基本料金などがかかる。佐賀市駅前中央の駐車場「タイムズ佐賀駅前」とサガシティホテルで利用できる。問い合わせは同社、フリーダイヤル(0120)205037。

このエントリーをはてなブックマークに追加