三上亮(?Nobuo MIKAWA)

金子鈴太郎(?Nobuo MIKAWA)

岡田奏(?suzuki riho)

 サイトウ・キネン・オーケストラのバイオリン奏者三上亮、同じくチェロ奏者金子鈴太郎、新進のピアニスト岡田奏によるピアノトリオ・サンクテュスが17日午後2時から、佐賀市の県立美術館ホールでチャリティーコンサートを開く。一流の演奏家による三重奏の響きが楽しめる。

 三上は東京芸大首席卒業後、ローザンヌ高等音楽院などに留学。ブリテン国際ヴァイオリンコンクール特別賞などを受賞し、欧州各地の演奏会に出演した。帰国後は札幌交響楽団コンサートマスターなどを務めた。金子はハンガリー国立リスト音楽院に学び、コンセール・マロニエ21最優秀など国内外で評価を受ける。ハンガリーで現代音楽グループ「shyra」を結成するほか、幅広いレパートリーを持つ。

 岡田はパリ国立高等音楽院修士課程を最優秀で修了。プーランク国際ピアノコンクール優勝など数々の受賞歴がある。欧州と日本を拠点に演奏活動を行い、昨年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリストになるなど注目の若手ピアニストだ。

 プログラムはピアノ三重奏3曲。ベートーベン「第5番ニ長調・幽霊」、ブラームス「第3番ハ短調」、メンデルスゾーン「第1番ニ短調」を披露する。多彩な曲想、曲調をそれぞれ卓越した表現力でアンサンブルを響かせる。岡田は3人の共演に「3人の持つエネルギーがどのようにつながり音になるのか、私自身とても楽しみです」と話している

 ▽チケットは、一般2500円、中学生以下1000円(ともに当日500円増し)。佐賀市文化会館などで販売。収益の一部は「益城町文化会館復興支援」などに寄付する。問い合わせは麻の会、電話080(3963)9765。

このエントリーをはてなブックマークに追加