九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)に関する避難計画について、原子力防災を担当する内閣府の伊藤忠彦副大臣と長崎県の中村法道知事が18日、面談して意見を交わした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加