身長180センチ台をずらりとそろえた強力なクリーンアップが看板だ。横尾、橋本、渡辺は1年秋から中軸を務めており、昨春の九州大会準優勝にも貢献した。練習試合では3人で6本塁打したことのあるパワーが光る。守りは右腕藤松が中心となる。「普通の投手」と西村監督は控えめだが、強気の投球で県大会の勝利へ導いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加