投打のバランスの良さで県大会を制した。打線はクリーンアップの佐々木、権藤、石川に加え、2年生の6番小中が安定している。1番藤井、2番中村が出塁してこの4人につなげたい。投手は多彩な変化球を持つ左腕吉田が中心。だが、県大会決勝で完投勝利した2年村上も控え、エースが不調ならすぐにカバーできる層の厚さがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加