昨年の春秋九州大会王者が、3季連続制覇を狙う。8強入りした春の甲子園大会での3戦を含め、公式戦16試合連続完投のエース右腕三浦が中心。しかし、もう一段のレベルアップのため2年生投手の成長が必要だ。打線は久保田、古賀、樺嶋が選抜で打率3割台と振れている。不振だった東が奮起すれば、大量得点も期待できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加