6季ぶりに県大会優勝を果たした原動力は、しっかりとした基礎だった。冬の間にウエートトレーニングや守備練習などに力を入れた成果を発揮した。決勝の八代戦は無失策、打撃では遊撃手の中島が勝ち越し本塁打を放つなどして5点を奪った。強豪がそろう九州大会でも、上位打線につながりが出れば、得点力はさらに上がる。

このエントリーをはてなブックマークに追加