県大会は準々決勝で強敵の大村工を無得点に封じて2-0で破るなど粘り強い試合運びで、九州大会初出場を決めた。2年生右腕讃岐は、制球がよく、打たせて取るピッチングが持ち味。強打の3番森田は県大会決勝で4安打4打点と、全得点をたたき出す活躍だった。4番立木も決定力があり、走力のある岩本が出塁できるかが鍵となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加