エースで4番の山内が攻守ともにフル回転する。攻撃では一発のある山内だけでなく、巧打の神山ら粘り腰の打線が好機を逃さない。県大会の3位決定戦では打線が勢いに乗り、17点の大量得点で打ち勝った。山内の制球力強化と、2番手投手の育成が鍵を握る。真玉橋監督は「一戦一戦を大切にして頂点を目指す」と意気込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加