男子グレコローマン59㌔級決勝 太田忍(右)と対戦する文田健一郎=代々木第二体育館

 レスリングの世界選手権(8月・パリ)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権最終日は18日、東京・代々木第二体育館で男女計7階級が行われ、男子グレコローマンスタイル59キロ級で昨年の全日本選手権王者の文田健一郎(日体大)がリオデジャネイロ五輪銀メダルの太田忍(ALSOK)を倒して2連覇し、選考基準を満たして代表入りを果たした。

 佐賀県関係では、男子のグレコローマンスタイル85キロ級の角雅人(自衛隊、鳥栖工高出身)が準優勝。同フリースタイルではいずれも同高出身で57キロ級の田代拓海(福岡大)、61キロ級の嶋江翔也(日体大)、70キロ級の中村百次郎(日体大助手)の3人が3位に入った。

 男子フリースタイル61キロ級では中村倫也(博報堂DYスポーツ)が決勝、全日本王者とのプレーオフでリオ五輪57キロ級銀メダルの樋口黎(日体大)を連破して代表入り。

 女子はリオ五輪金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が60キロ級、土性沙羅(東新住建)が69キロ級を制し、48キロ級で須崎優衣(東京・安部学院高)が2連覇した。日本協会の強化委員会で川井、土性、須崎ら55キロ級を除く7階級の優勝者を代表に決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加