佐銀事件で1億円超預金者169人分、情報流出

 福岡市にある佐賀銀行の支店で起きた窃盗事件に絡み、1億円を超す高額預金者169人分の個人情報が、事件に関与したとされるグループに渡っていたことが19日、同行や福岡県警への取材で分かった。元行員の吉田淳被告(42)=窃盗罪などで公判中=が、顧客情報を記録したデータベースで同じ情報を検索しており、同行や県警は吉田被告が漏らした可能性が高いとみて調べている。

・関連記事 佐銀2支店侵入事件、暴力団関与の可能性

 同行などによると、流出したのは主に福岡、佐賀両県に住む1億円を超す預金者の氏名、住所、預金残高、電話番号などの情報。口座番号、暗証番号の漏えいはなかった。事件のグループが、その資産を狙い富裕な預金者を調べた疑いがあるが、窃盗などの被害は確認されていないという。

 データベースは日々の業務で使用され、行員であれば利用できる。流出した個人情報は、昨年7月に吉田被告が検索した履歴が残っていた。A3サイズの紙3枚に記載され、事件に関わったとされる別の被告の弁護士が福岡県警に提出した。同行は5月末に県警から依頼を受けて調査し、違法に営業秘密を取得した不正競争防止法違反の疑いで被害届を出した。

 同行を巡っては、昨年8~10月、福岡市の2支店で窃盗目的の侵入事件と5430万円の窃盗事件が発生し、県警はこれまでに窃盗容疑などで11人を逮捕。借金のあった吉田被告が、返済に代えて行内の情報をグループに流したとみている。

 同行は19日、佐賀市の本店で記者会見し「高い倫理観と信用が求められる金融機関として、深く反省し、お客さまにおわびする」と謝罪した。(共同)

【佐銀福岡支店・多額窃盗事件関連記事】
佐銀支店で高額盗難、行員関与か 福岡県警
福岡の佐銀支店侵入 暗証番号入力、解錠か
佐銀の頭取陳謝、行員を処分 説明は事件全容解明後に
佐賀銀行元行員、同僚宅から支店の鍵窃盗か
事前に3千万用意させたか 佐銀侵入罪の男ら

このエントリーをはてなブックマークに追加