今年3月に発足し、熊本地震で初出動した佐賀県災害派遣精神医療チーム(DPAT)が8日夜、県庁で約2カ月半の活動を報告した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加