災害時にスムーズな支援拠点をつくるため、松本茂幸市長と調印を交わした市社会福祉協議会の江口勝利会長(右)=神埼市役所

 神埼市と市社会福祉協議会は20日、災害ボランティアセンターの運営や防災訓練などで協力する協定を結んだ。スムーズな支援態勢づくりにつなげる。県内の社協と自治体の協定は佐賀市に続き2例目。

 熊本地震を受け、防災計画を補うため締結した。災害発生後、被災地の社協はボランティアを受け入れ、支援業務を振り分ける「災害ボランティアセンター」を開設する。市は被災者の避難先の情報やセンター運営に必要な資機材を提供、社協は平時のボランティア養成など取り組む。合同訓練の実施も確認した。

 市内には氾濫の危険性がある城原川やマグニチュード7以上の地震を起こす恐れがある佐賀平野北縁断層帯があり、市は県内で唯一、「市町村広域災害ネットワーク」に加盟している。

 この日は市役所で調印式があり、松本茂幸市長は「特に弱者を支えるため、手を携えて取り組みたい」、社協の江口勝利会長は「調印はスタート。責任をもって任務に当たりたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加