多久市多久町東の原の多久八幡神社は建久4(1193)年、源頼朝の御家人だったとされる多久太郎宗直が鎌倉の鶴岡八幡宮の若宮八幡を勧請して創建したと伝わる、歴史ある神社です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加