舞台の世界観を表現したポスター原画を並べた個展=佐賀市の池田屋

 佐賀市のえがみゆうこさん(48)の初個展が、佐賀市の池田屋で開かれている。色鉛筆で丁寧に描いたポスター原画など10点を並べている。=写真

 えがみさんは、娘のために絵本を作るなど趣味で絵を続けていたところ、ティーンズミュージカルSAGA(TMS)の栗原誠治代表の目に留まり、2010年の舞台「二万七千光年の旅」から公演のポスターを描いている。

 原画は背景まですべて色鉛筆で丁寧に描かれている。舞台の脚本からイメージをふくらませ、ファンタジックなタッチだったり、デザイン的な面白さを見せたりといろんな切り口の作品が並ぶ。今回が初個展のえがみさんは「こんな機会が訪れてうれしい。みなさんに見てもらえたら」と話している。個展は8月下旬まで(木曜定休)。

 3月に移転オープンした佐賀ちゃんぽんの老舗・池田屋では、漫画家の田中むねよしさん=佐賀市=の絵を飾るほか、作品展を希望する作家へ場所の提供を行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加