19日午後0時40分ごろ、大阪府箕面市の新名神高速道路の建設現場で「鉄板が落下し、作業員が下敷きになった」と119番があった。箕面署によると、40代とみられる男性作業員が意識不明の重体となり、病院搬送中に死亡が確認された。

 箕面署によると、トラックの荷台から鉄板をクレーンで降ろす作業中、つるしていたフックが外れ、地上にいた男性が下敷きになった。

 鉄板は縦約3メートル、横約1・5メートル、重さは約800キロで、1枚ずつ降ろし、地面に敷き詰める作業をしていた。同署が身元と詳しい状況を調べる。

このエントリーをはてなブックマークに追加