「全国なまずサミット」で意見交換するシンポジウムの参加者ら=18日午前、埼玉県吉川市

 ナマズを生かした町おこしを進める自治体と観光協会が集まり、魅力や今後の展望を議論する初の「全国なまずサミット」が18日、埼玉県吉川市の市民交流センターで開かれた。

 ご当地グルメでナマズのハンバーガーを売り出す茨城県行方市や、「なまずまつり」を開催する岐阜県羽島市など6市町と、嬉野温泉観光協会(嬉野市)が参加した。

 冒頭、吉川市の中原恵人市長は「食、文化、信仰など、様々な視点でナマズを捉えることで、町おこしをより全国に広げていきたい」とあいさつ。各自治体の首長らはそれぞれナマズとの関わりの歴史を紹介し、ナマズ料理の認知度向上の必要性などを議論した。自治体ごとのPRブースや、ナマズを使った中華料理の試食も企画された。

 サミットは「なまずの里」をPRしてきた吉川市が各自治体に呼び掛けて実現した。

このエントリーをはてなブックマークに追加