ゆがんだレールの復旧に当たる作業員=10日午後5時25分ごろ、杵島郡白石町福田のJR長崎線

 10日午後3時10分ごろ、杵島郡白石町福田のJR長崎線でレールがゆがんでいるのが見つかり、運行を一時見合わせた。暑さでレールが高温になり、膨張したことが原因とみられる。

 JR九州によると、現場は肥前白石駅から長崎方面へ600メートル離れた地点。普通下り列車の運転士が目視でゆがみに気づき、博多総合指令(福岡市)に連絡した。列車はそのまま通過し、けが人はなかった。

 佐賀地方気象台によると、白石町では10日午後3時57分、今年最高となる36・4度を記録した。JR九州管内では、暑さの影響とみられるレールのゆがみはここ数年、発生していなかったという。

このエントリーをはてなブックマークに追加