佐賀県立校の教育情報システムから大量の個人情報が流出した事件で、佐賀家裁は10日、不正アクセス禁止法違反などの容疑で送致された佐賀市の無職少年(17)の少年審判を開き、第1種少年院に送致する保護処分を決定した。

 吉井広幸裁判官は決定理由で、更生を図るために「事件の性質や少年の犯行動機、反省の程度などを総合考慮した」などとした。大量の個人情報を入手して多数の高校生や学校、教育委員会に深刻な影響を及ぼした事件の重大性も判断の中に含まれたとみられる。

 少年の付添人弁護士によると、少年は審判を通じて反省の態度を示し、個人情報を不正入手した動機について「悪用する意図はなかった」と話している。少年のパソコンなどに保存されている個人情報や関連のファイル、プログラムなどを全て消去するように家裁から指示があり、少年は既に同意しているという。

 決定などによると、少年は今年1月、自宅のパソコンから県教委の教育情報システムに侵入したほか、県立高校のシステムに無線LANを通じて不正に接続した。B-CAS(ビーキャス)カードを使わずに、テレビの有料放送を視聴できるプログラムをインターネット上に公開した不正競争防止法違反も認定された。

 第1種少年院は旧初等・中等少年院で、昨年6月に施行された改正少年院法で名称が変更された。

このエントリーをはてなブックマークに追加