■鳥栖工

 池田 涼馬(いけだ・りょうま)ラグビー部主将でチームをまとめ県総体2位に。体育祭では団長を務め総合優勝に導いた。新日鉄住金八幡製鉄所に就職。「会社を支える一員になりたい」。鳥栖市東町。(機械科)

 高橋 虎寛(たかはし・こおき)サッカー部で鍛え、資格取得に意欲的に取り組みジュニアマイスターゴールドの称号を得た。久光製薬に就職が決まり「早く活躍できるようになりたい」。鳥栖市田代本町。(機械科)

 石橋 寛之(いしばし・ひろゆき)サッカー部で厳しい練習に耐え、文武両道を貫いた。「上下関係を学び肉体的にも精神的にも成長できた」と充実の3年間を振り返る。佐賀大理工学部へ進学。小郡市。(電気科)

 岡本 健努(おかもと・けんと)成績優秀で野球部主将。捕手でチームをけん引し春の県大会4強に進出した。「野球の技術だけでなく道具を大切にするよう心がけた」。九州電力に就職。鳥栖市藤木町。(電気科)

 渡邊 虎之介(わたなべ・とらのすけ)入学時から成績1位を通し、柔道部では県総体で団体優勝した。目標だった鹿児島県警に就職。「祖父のような使命感あふれる警官になりたい」。鳥栖市江島町。(電子機械科)

 石橋 龍介(いしばし・りゅうすけ)成績は常にトップクラスで、バスケでは県総体で優秀選手賞に選ばれた。牟田建設に就職し「大きな仕事を任せてもらえるようになりたい」と話す。鳥栖市本鳥栖町。(土木科)

 廣瀧 恵理佳(ひろたき・えりか)九州の家庭菜園設計コンペで1位になるなど活躍。「インテリアを含めた住宅設計ができる建築士に」。夢実現に向け九産大建築都市工学部へ進学する。神埼市神埼町。(建築科)

=定時制=

 木原 希(きはら・のぞみ)定時制通信制高校の県生活体験発表大会でNHK佐賀放送局長賞を受賞。熊本地震後は生徒会で募金活動した。働きながら看護師を目指し「両親に恩返ししたい」。鳥栖市浅井町。(普通科)

 江越 健太(えごし・けんた)何事も前向きに取り組み、野球部では投手で県定通制大会優勝の原動力になった。一番に就職内定を得て児島段ボールへ。「将来は庭のあるあたたかい家を建てたい」。鳥栖市原町。(機械科)

■県立ろう学校

 岩村 優美(いわむら・ゆうみ)下級生からも慕われる生徒会長。県障害者作品展に出品した浴衣が金賞を受賞した。唐津第一病院に就職し、「信頼される看護士を目指す」。唐津市千々賀。(被服科)

 大曲 大希(おおまがり・だいき)県高校総文祭の美術工芸部門で佳作に。春から工芸ワークセンター(福岡市)へ。「仕事を頑張り母を東京ディズニーランドに連れて行くのが目標」。柳川市。(産業工芸科)

 森 翔太(もり・しょうた)陸上部主将。校外スポーツにも取り組み、全九州高校体育大会板飛び込みで3位に。豊田自動織機(愛知県)に就職し「新生活に慣れ社会に貢献したい」。佐賀市鍋島町。(産業工芸科)

 山内 杏華(やまうち・きょうか)高校生活の1番の思い出は文化祭だった。佐賀記念病院に就職。「さまざまな資格を習得したい。お世話になった祖母を温泉に連れて行きたい」と話す。佐賀市大和町。(被服科)

敬称略。次回は金立特別支援、佐大附属特別支援、大和特別支援の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加