第24回参議院議員通常選挙で適正な事務管理に尽力した人に贈る総務大臣表彰の表彰式=佐賀市の佐賀県庁

 昨年7月の参院選で適正な選挙の事務管理に尽力したとして15日、江北町選挙管理委員会の井上〓(邦のツクリが上につきぬけない)秀委員長(70)と玄海町選挙管理委員会の宮崎忠義委員長・職務代理者(69)に総務大臣表彰が贈られた。

 佐賀市の県庁であった表彰式では、佐賀県選挙管理委員会の大川正二郎委員長が井上委員長と宮崎委員長・職務代理者に賞状を手渡した。井上委員長は「12年間、選挙事務に関わってきた。あと1期を公正公明に努めたい」といい、宮崎委員長・職務代理者は「夢みたい。今後は投票率を上げていくことに焦点を当てたい」と意気込んだ。

 同日は「若者の政治意識と社会化環境-中学・高校生調査から」をテーマに埼玉大学社会調査研究センターの松本正生センター長が講演した。若者の政治意識を高めるために「親が社会と関わる姿を子どもに見せて」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加